佐藤耕一郎
佐藤耕一郎

佐藤耕一郎氏は、投資を始める前は楽勝だと思っていました。
今メディアでは様々な投資法が紹介され、成功者の人生が紹介されています。

こうしたメディアでの紹介を見ていると、佐藤耕一郎氏のように考えるのは当然でしょう。
しかし、投資は必ず儲かるわけではありません。

大儲けできる一方で、負けて損失を抱える人もいます。
投資を始めたばかりの頃の佐藤耕一郎氏は、負けて損失を抱える側の人でした。
損失を抱えてしまうと、新たな資金を得るために働いてお金を貯めたなければいけません。

また、次の勝負に負けないように、書籍などからテクニックを学びます。
佐藤耕一郎氏も、投資で負けた後はバイトをして資金を作ったり、本を読んでテクニックを学びました。

しかし、そうして再度チャレンジをしても、佐藤耕一郎氏は投資で儲けることができません。
そこで佐藤耕一郎氏は、テクニックではなく投資に対する考え方が重要だと気付きます。

考え方を変えてからの佐藤耕一郎氏は、負け組から勝ち組になりました。
勝ち組になるためには、小手先のテクニックだけが重要ではありません。
最も大切なことは、小手先のテクニックではなく、自分の頭のなかにあるのです。

そのことに気付ければ、勝ち組になれるでしょう。